With Sufi

はるか遠い国トルコへの憧れは
キリムの柄の美しさと重なります

家族や使う人を想って手で織られたキリムは
その柄に愛情の優しさ、時には強さを感じます。

1枚1枚が唯一無二の存在に織り上げられていく様を
見て育ったsufiのオーナーのオスマンさんは
キリムの修復職人の道を選びました。

その話しを聞いて私は
sufiにあるキリムがこんなにも心に馴染む色で
生活に寄り添う柄なのかが分かりました。
時には複雑な柄のキリムの修復もこなされます

キリムが生まれる時を知っているからこそ
その後のキリムを大切に育てていくことは

日本の着物が役目を終えて、布団から座布団
最後にはお手玉に姿を変えていく流れに似ていて

キリムもまたカーペットからマットへ
そしてクッションやバックに姿を変えて生かされていく

小さな端切れの中にも
草木染めの手織りの美しさを残す

そんなキリムを使ってキリムドールを作りました。

唯一無二の手織りの
端切れから生まれるキリムドールは
やはり全てオリジナルの1点ものです。

 

 

 

 

ちなみにキリムドールは素材にもこだわり
キリムに合わせる顔の部分には
アンティークのリネン生地をタマネギ染めして

スウェーデンの麻の刺繍糸でお顔を描いて
草木染めされたキリム用の毛糸で髪の毛をふさふさにしています。

作り出す度、違う表情のキリムドールの中から
自分にぴったりのキリムドールを
見つけて頂けたら楽しいと思います。

sufi